伊坂幸太郎『死神の精度』【読書備忘録】

  伊坂幸太郎『死神の精度』 アマゾンより <CDショップに入りびたり、苗字が町や市の名前であり、受け答えが微妙にずれていて、素手で他人に触ろうとしない―そんな人物が身近に現れたら、死神かもしれません。一週間の調査ののち、対象者の死に可否の判断をくだし、翌八日目に死は実行される。クールでどこか奇妙な死神・千葉が出会う六つの人生。> タ…

続きを読む